menu
sponsored link

ソニー生命が販売している変額保険の評判をまとめてみた

sponsored link

ソニー生命が販売・運営している変額保険「バリアブルライフ変額保険」の
口コミや実際に加入していた人たちの評判などをまとめてみました。

thinker-28741_640

そもそも、変額保険とは何なのかというと

変額保険とは、保険金そのものを株や債権・不動産などの資産運用して、
死亡保険金や解約返戻金・満期保険金などの返戻金額が変動する保険です。

投資信託要素が入っている保険なので、保険の中ではかなり異質といえる保険ですが、
れっきとした「保険」という商品なので、その性質から死亡保険金には最低保証が定められています。

変額保険は運用内容によって、今後受け取れる返戻金額が変わります。
保険掛金の一部が特別勘定という独立した財布に入り、その財布が投資会社に渡り
株や債券などで運用されます。

投資会社に渡ったお金の運用実績によって、保険金や解約返戻金の金額が変動します。
運用が不調時でも死亡保険金は最低保証が定められているため、最低保証金額分は必ず受け取れます。

この特別勘定は、他の保険の資産と分けられて管理・運用されるので
ごちゃまぜになりません。

また、変額保険は、

  • 分割払の終身保険タイプ
  • 一時払の終身保険タイプ
  • 養老保険タイプ

の3タイプがあります。
各々を完結に説明すると

分割払の終身保険タイプ

他の保険から見て、終身保険の保険料が割高なので、安い保険料で収めたい人向けの保険です。
保険の契約者に対して約束する運用利子を指す予定利率が
高めに設定されている変額保険なので、保険料がかなり安いです。
契約時にリスクの程度を確認しておきたいタイプでです。


一時払の終身保険タイプ

相続税対策として死亡保険金の相続税の非課税枠を活用したい人向けの保険です。
変額保険ではない一時払終身保険でも同じ相続税対策などの効果はあります。
検討時に比較対象したい保険タイプです。


養老保険タイプ

死亡保障と資産運用の両方を行いたい人向けの保険です。
死亡保障と資産運用を2つに分けた代替案と比較検討したい保険タイプです。

hikaku_board_man

この変額保険のメリットとデメリットも見ておきましょう。

デメリット

・運用が不調に陥ると、運用分が減らされてしまうのでどうしてもリスクがある
・投資信託と比較すると運用手数料が高くついてしまう傾向がある

メリット

・運用が好調だと、運用分が増えるのでインフレ対策になる
・他の生命保険に比べると、保険料が比較的割安
・死亡保険金は最低保障されているので、最低保証分は必ず受け取れる

と、ここまで変額保険のメリットやデメリット・保険タイプなどを見てきました。

 

book_yomu_mushimegane

次に、バリアブルライフ変額保険終身型の特徴と保険料などを見てみましょう。

保険料 30才男性・死亡保障金500万円・60才払済として試算しています
月額7710円

契約可能年齢は満0才~満69才
設定可能な保険金額は200万円~7億円

解約返戻率は運用状況によって変動します

契約時の基本保険金額が500万円以上になると、
保険料の高額割引制度が適用され、保険料が割安になります。

不慮の事故で事故日から180日以内に保険会社所定の身体障害状態になってしまったときは、
以降の保険料払込は免除・保障が継続状態になります。

3大疾病・保険会社所定の障害状態・要介護状態になってしまったときは
障害状態・要介護状態以降の保険料払込は免除になり、保障が継続する「保険料払込免除特約」が別途付けられます。

被保険者が死亡したり、四肢の欠損や肢体不自由に陥った・両目の失明・意思疎通がとれなくなったなど、
死亡に匹敵する損失と位置づけられる「高度障害状態」になってしまったときに
運用実績に応じた保険金(基本保険金額+変動保険金額)が支払われます。
運用実績の良し悪しに関係なく、確実に基本保険金額を受け取れるので、万が一の時の保障は最低限確保されています。

解約返戻金の金額も運用実績で決まるので、上の変額保険のメリット・デメリットでも挙げましたが
解約のタイミングで損得が異なるという、メリットとデメリットがあります。

保険料は一定金額になっています。
予定利率が3.5%と高設定されている点と、終身保険と比較して変額保険の保険料が安く済むことから、
バリアブルライフ変額保険終身型を選ぶ人もいます。

バリアブルライフ変額保険終身型は、「積み立て重視」のオプションA「保障重視」のオプションB
の2つのオプションと8つの投資先が選べます。

バリアブルライフ変額保険終身型には、株や債券で運用・管理する特別勘定が8つあり、
運用対象は1つから複数まで分かれていて、後から変更することも可能です。

 

branch-1290017_1280

2つのオプションである「積み立て重視」と「保障重視」の内容を見てみましょう。

【積み立て重視】

特別勘定の資産運用実績が3.5%を超えたときに、保障重視と比較して積立金の金額が増額になります。
変動保険金がプラスになった場合は、変動保険金額の減額が可能で
同額の積立金が減少します。

資産運用が順調で元となる積立金(原資と表現します)以上に変動保険金額が貯まった場合は、
年2回に限り引き出しが可能になります。

変動保険金額の計算方法は以下の通り。
(各日末の積立金額)-(各末日の基本保険金額を支払うのに必要な金額)=変動保険金額
契約後のオプション変更はできません。

【保障重視】

特別勘定の資産運用実績が同じ場合は、積み立て重視と比較・変動保険金額が大きくなります。
変動保険金額は運用実績に応じて、毎月1日に増減しますが同月内は一定になります。

各月末の積立金額と各月末の基本保険金額を支払いに必要な金額との差額を元に、
会社所定の方法で変動保険金額が計算されます。

積み立て重視と違い、変動保険金額がプラスの時でも変動保険金額の減額は付加します。
運用実績が好調でも、プラス分の変動保険金額は引き出すことはできません。
保障重視から積み立て重視への変更が可能です。

8つの投資先一覧は

  • 株式型
  • 日本成長株式型
  • 世界コア株式型
  • 世界株式型
  • 債権型
  • 世界債権型
  • 総合型
  • 短期金融市場型

があり、これらの運用方法は後から変更することもできます。
投資の運用方針と運用リスクが全て異なるので、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

 

megaphone-150254_1280

最後に口コミや実際に契約した契約者さんたちの声をまとめてみました。

投資信託ではありませんが、変額保険では投資信託と同じような運用を行いながら、
死亡時の基本金の保証など、死亡保険としての役割を請負わせる事が出来きてしまう便利な保険です。

そのため資産運用を行いながら、死亡時などのリスクに対する備えも行えるため
資金効率の良さが多く見受けられます、

が、バリアブルライフでは投資信託の下振れのリスクは軽減されていても、
今後起こるであろう経済成長が続くかどうかという見通しは難しいと思います。

金利が上がると、預貯金と比較してみて運用利率が目移りしてしまう可能性も大いにあります。

貯蓄重視の場合にはオプションA・保証重視ならばオプションBなど
柔軟な設定は魅力的ですが、どれを選べばよいか分からないという評判が多く書かれていました。

投資信託と違って、「元本割れ無し」という損が出ないと思われがちですが、
これはいわば金利ゼロで何十年も大事な資産を預けていることになります。
結論としては、バリアブルライフ変額保険は保険料が安い・年金保険にしやすいなど
使い勝手がとてもよいという口コミが多いです。

が、投資のリスクや投資先のわかりにくさ・どちらのオプションが良いのかなど
契約面や投資面で、どうしてもデメリットも多く出ています。

このことを踏まえると、良くもあり悪くもあるという感じでしょうか。
投資の世界は難しいですね。

sponsored link

money-1255819_1280傷害保険で通院保障が高いのはどこの保険会社か調べてみた

car_character1日 だけ自分名義でかけられる自動車保険を探してみた

関連記事

  1. graph12_kaisou

    おすすめの変額保険と変額保険とはどんな保険なのかをまとめてみた

    変動保険は、他の保険に比べたらとても商品数が少ないですがどんな保険なのか、またおすすめの変動保険…

  2. business-1049272_1280

    変額保険の人気ランキングを独断と偏見で選んでみた

    保険としては、異質な存在の変額保険。変額保険を独断と偏見でランキング付けしてみました。…

PAGE TOP