menu
sponsored link

2016年おすすめの自転車保険をまとめてみた

sponsored link

道路交通法が改訂されてから、まだ1年にもなっていませんが
みなさんは道路交通法が改訂されたのはご存知でしょうか?

2015年6月1日に施行された道路交通法の改訂ですが、
改訂内容は、主に自転車に関することなんです。

bicycle-vector

法律上自転車も車と言う漢字が入っており、自動車と同じ「車両」扱いなのですが
車両だと認識していない利用者はまだ多く、また自転車トラブルも絶えません。

最近特に多いのが、自転車操縦者と歩行者の交通事故のトラブルです。
状況にもよりますが、だいたいは自転車操縦者側が加害者となるパターンが多く
時には被害者側が亡くなるケースも多発しています。

お子さんが自転車事故を起こして、ぶつかった被害者がお亡くなりになり
お子さんの保護者である母親が約1億円の損害賠償を命じられたなんて話も
珍しい話ではなくなってきました。

自分は安全運転で自転車を操縦していると言っても
いつ・どこで事故が起きるかは、予測不可能です。

事故に遭ったときに、車と同じく保険に加入していれば
万が一のときの助けになります。

 

doubt-321144_1280

 

じゃあ自転車保険ってどういう保障がついているの?と思っている人も多いと思います。
自転車保険についている保障を簡単にまとめると
だいたいの保険の共通保障である

・入院保障
・死亡保障

自転車保険ならではの保障内容である

・事故を起こして相手にケガをさせるなど加害者になったときの個人賠償補償の保険金額
・事故を起こした後の示談代行サービスの有無

これが自転車保険の特徴です。
自転車保険で特に重視したいのが

・入院保障
・死亡保障
・事故を起こして相手にケガをさせるなど加害者になったときの個人賠償補償の保険金額

の3点です。

自動車保険の重視する項目とおそらく同じだと思いますが、
とても重要な項目です。

 

ranking_ninki_text

まだ誕生したばかりで、歴史の浅い自転車保険ですが
オススメの自転車保険を独断と偏見でまとめてみました。

 

 

DeNA_logo

DeNA自転車保険

基本コースと充実コースとありますが、充実コースをご紹介します。
充実コースは、年間保険料5000円で賠償責任補償は2億円まで保障
月額に換算するとだいたい300円くらいです。

入院保険金は、1日あたり6000円まで保障
手術保険金は入院中の場合は6万円・日帰りなどの場合は3万円
死亡保険金は460万円まで
後遺障害保険金も最大460万円まで保障してくれます。

その他のサービスとしては
示談交渉サービスと家族までカバーしてくれる手厚い保障が特徴的です。

交通事故によるケガも補償してくれるので、
初めて自転車保険に加入するという方向けでしょうか

ダウンロード (1)

au損保「自転車向け保険 Bycle」(シルバー)
au損保「自転車向け保険 Bycle Best」(シルバー)

携帯電話の大手キャリアのひとつであるauの自転車保険です。
ブロンズ・シルバー・ゴールドとありますが、特に評価が高いのがシルバーなので
今回はシルバーを取り上げてみます。

auと表記されていますが、au利用者だけでなく
誰でも加入できる自転車保険です。

ここで記載している月額保険金額は、本人だけを保障する「本人タイプ」の金額ですが
家族全員を保障する「家族タイプ」や配偶者を対象外とする「本人・親族タイプ」もあります。

au損保「自転車向け保険 Bycle」(シルバー)

月額6,620円・ひと月に換算すると380円になります
賠償責任補償は最大1億円
入院保障は1日あたり12,000円・通院保障は1日あたり2,000円
手術保険金が支払われ、入院中が12万円入院以外で6万円がおります。
入院一時金もあり、3日以上の入院で4万円が支払われます。
死亡保険金は400万円
後遺障害保険金は最大で400万円

au損保「自転車向け保険 Bycle Best」(シルバー)

月額16,470円・ひと月に換算すると1,500円で
・賠償責任補償
・入院保障
・手術保険金
・入院一時金
・死亡保険金
・後遺障害保険金
・示談代行サービス

ここまでは、上のBycleと同じ金額を保障してくれるのですが
上のBycleと大きく違うところは、自転車事故などの交通事故だけではなく
日常のケガやスポーツレジャー中のケガでも傷害補償が受けられるのが最大のポイントです。

自転車ロードレースやトライアスロンなどの自転車を使った競技中のケガも補償されるので、
競技に参加・出場する方をはじめ積極的に活動する方におすすめの保険です。

Bycle BestとBycleの共通点は、自転車事故によるケガなら2倍の保障がつくところ、
パンクや自転車の故障などのトラブルも対応してくれてる点も大きなポイントですね。
自力走行ができなくなったときは24時間365日スタッフが駆けつけ、
全国に存在している567箇所もある拠点から、50km以内なら無料で指定の場所まで搬送する自転車ロードサービスがついています。

自転車ロードサービス専用スマホアプリ「自転車の日」で要請を出すことも可能なのも良いポイントです。
アプリ一つでロードサービスを受けられるなんて便利ですね。

ちなみに、このロードサービスはau損保にしかないサービスです。

インターネット上やスマートフォンで申し込みが可能です。
年間一括払いを選択すると、ひと月あたりの保険料がさらに安くなる割引もあります。
クレジットカード・auかんたん決済・コンビニ決済(1年・2年払い限定)と支払い方法も充実しています。

示談代行サービスもあるので、そちらの方面も安心です。

 

yoyaku01

セブンイレブン 自転車向け保険

身近なコンビニであるセブンイレブンが行っている自転車保険です。
セブンイレブンが窓口になっているだけであって、保険を運用しているのは三井住友海上です。

全国のセブンイレブンで申し込みができますが、オンライン上では予約登録までしかできない為
最終的にはセブンイレブンまで出向く手間があります。

ここでは、お一人様プラン(本人型・子供などの被保険者を補償する本人以外型)の金額を出していますが
他にも配偶者も補償する「ご夫婦プラン」・「ご家族プラン」もあります。

保険料は年間で3,990円、月に換算すると333円。
賠償責任補償は最高3億円まで補償してくれます。
死亡保険金は、交通事故で死亡した際に290万円。
後遺障害保険金は、交通事故で後遺障害が生じたときに最高290万円。
入院保険金は1日4,000円。
手術保険金は、入院中の手術は4万円
入院中以外の手術は2万円。

示談交渉サービスあります。

自転車向け保険の保険料が、今年2016年3月31日以前と3月31日以降で
金額が変わるので、契約時はそちらも注意してください。

 

TS-mark

自転車屋さんで自転車を購入したときに勧められるTSマーク付帯保険

TrafficSafety(交通安全)の頭文字を取ったTSマークです。
TSマークシールは、自転車安全整備士が点検整備した「普通自転車」に貼るシールで
傷害保険と賠償責任保険が付帯されているのが特徴です。

TSマーク付帯保険は2種類あり、第一種である青色TSマークと第二種の赤色TSマークがあります。
保険料という名目ではなく、自転車の点検整備を受ける整備料と言う名目で料金を徴収しているのが特徴で、
年間にすると、青色1,500円ほど・赤色2,000円ほどとなっています。

TSマーク付帯保険の補償内容ですが、赤色TSマークの方が手厚い補償内容になっていてます。

賠償責任保険
種類 死亡・重度後遺障害 被害者見舞金
青色 限度額1,000万円  無し
赤色 限度額5,000万円  一律10万円

傷害保険
種類 死亡・重度後遺障害 入院15日以上
青色 一律30万円     一律1万円
赤色 一律100万円     一律10万円

ちなみに、平成26年10月1日から赤色TSマークの付帯保険の内容が少し手厚く変更されていますが
それでも賠償責任保険は、 青色・ 赤色のどちらもカバーしきれていません 。
重度の後遺症になれば金額的に圧倒的不足状態になりかねない金額設定なので、
保険内容としては無意味と言っても過言ではありません。

ただ、自転車購入時に同時に入れて手軽なのがいいところで、
TSマーク付帯保険に加入することがあるのであれば、赤色にしておきましょう。

ちなみにTSマーク付帯保険は、TSマークシールを貼っている自転車そのものに掛けられた車両保険なので
所有者以外の方でも補償の対象となります。

 

新たに自転車保険に加入するのが、少しもったいないなと思う方もいらっしゃると思います。
その場合は、『個人賠償責任保険』を確認してみてください。
車を所持しているなら加入している『自動車保険』、
戸建ての方ならほぼ加入していると思われる『火災保険』。
各種『共済保険』などにつけられる賠償責任保険です。

この個人賠償責任保険を付けておくと、家族全員が対応可能で賠償額無制限だったり
もし制限があっても億超えまで対応できて、年間2000円くらいなので
新たに自転車保険に加入しなければならないなどという手間も省けることもあるので
まずは、保険会社に確認してみてください。

sponsored link

thinker-28741_640死亡保険金の受取人を本人にした場合、どんなことが起こるのか?

family-521551_1280傷害保険の家族タイプはどんな補償があるのかまとめてみた

関連記事

  1. Sompo_Japan_Nipponkoa_Insurance_Logo.svg

    損保ジャパン日本興亜が販売している自転車保険の評判は?!

    最近自転車が流行し、そのブームに乗って自転車人口が増えましたね。それに伴って自転車事故や…

  2. ダウンロード (1)

    au損保が販売しているおすすめの自転車保険をまとめてみた

    様々な自転車保険が販売されている今日ですが、皆さんはどの自転車保険に加入していますか?自転車…

  3. bike-376745_1280

    自転車保険を比較表にまとめて様々な面から比較してみた

    インターネットで調べると、たくさん検索結果が表示される自転車保険ですが、どの項目に特化してい…

PAGE TOP