menu
sponsored link

生命保険とは? 生命保険の基本をわかりやすく解説!!

sponsored link

もしものことを考えたら生命保険は、加入しておきたいですよね。
生命保険に加入するきっかけは、人それです。

生命保険に加入したほうがいいよなどと知人におすすめされたり、
保険会社のセールスから声をかけられたりしたことがある人もいるかもしれません。

もしかしたら、親の言われるまま、知人の言われるままに加入したかたもいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、生命保険に加入してみたものの保障の内容がよくわからないまま
保険料を満期になるまで払い続けるのはもったいないことです。

そこで今回は生命保険とは?ということを生命保険の基本的はことをわかりやすく解説します。

 

生命保険とは? 生命保険の基本をわかりやすく解説!!

SAYA0I9A8798_TP_V (1)

生命保険とは?

生命保険とは、どんなものなのか。
生命保険に加入すると毎月、生命保険料を支払うことで、万一のことが起きても、
大切な家族に死亡保障金を残すことができます。
毎月の保険料や死亡保障金の額は、加入する保険会社・商品によって変わります。

保険には生命保険以外にも、病気やけがのときに給付金をもらえる医療保険や
高額な医療費が必要となるがんとの闘病に備えるがん保険などもあります。

命や健康にかかわる保険だけでもいろいろと種類があるわけです。
大手保険会社などが提供する保険の中には、
これだけ入っておけば、死亡時も入院時もがんにかかってしまっても大丈夫!と
広範囲で保障してくれる保険もあります。

 

生命保険の期間はいつまで?

生命保険の保険期間はしっかりと確認する必要があります。
保険期間とは、保険会社と契約を結んでから契約が終了するまでの期間のことを言います。
保険契約を結ぶ際に決めるものもあれば、期間は10年や20年、または一生涯など、
保険の種類によって保険期間は違います。

なので、生命保険に加入する場合はどれくらいの期間や保障が続いて欲しいのか考えなければなりません。
例えば貯蓄額が〇〇万円貯まるまでとか、一生涯続いて欲しいなど
人それぞれ違うはずです。保険期間は、自分の目的に合うように設定することが大切です。

 

生命保険は見直しをしなければならない

N745_yousuwomirusarari-man-thumb-autox1600-14743

生命保険は一度加入したら終わりでは、ありません。生命保険は基本的に見直すものなのです。
多くの人は、就職をして独身の時に生命保険に加入すると思います。
しかし、結婚をして子供が生まれるなど独身頃とは、大きく状況が変わります。

自分の状況が変わっているのに生命保険は独身の若い頃のままでは、
今の自分に保障内容は、合わなくなっています。
生活のシーンに合わせて保険も見直す必要があるのです。

また、必要以上に保険金額を高くしていた場合だと保険料が高くなってしまい余分に保険料を払っていることもあります。
そういった事態を避けるためにもシーンに合わせて生命保険は基本的に見直すものということを覚えておきましょう。

 

生命保険の種類は?

生命保険は大きく分けると3つの種類があります。

定期保険
終身保険
養老保険

30~60歳までの間といったように保険期間を定めて加入するのが定期保険です。

60歳までは保険料を毎月払うがが60歳を過ぎたらそれ以降は、払い込みが不要になるのは終身保険です。
他の保険と違いは、60歳を過ぎてから死亡しても、保障金を受け取れるというように、一生涯を保障対象担っています。

定期保険と同様に30~60歳までなどといった保険の対象期間が決まっているが
満期になったら死亡保障額と同程度の満期金を受け取れるのが養老保険になります。

 

掛け捨て型と積立型

生命保険に加入する時に掛け捨て型と積立型と言う言葉を聞くともいます。

掛け捨て型とは言葉のとおり、毎月の保険料を支払っていっても、
途中で解約したり満期を迎えたりしても払い込んだ保険料は返ってこないタイプです。
掛け捨ては、主に定期保険を指します。

積立型とは、途中で解約したり満期を迎えたら
ある程度のお金が返ってくるタイプのことで終身保険と養老保険なります。
どれくらい戻ってくるかは、保険の内容によります。

この説明だけ見ると積立型の養老保険に加入するのが、一番お得だと思う人もいるかもしれません。
しかし、積立型は、掛け捨て型に比べると生命保険料が高くなります。
なので保険の契約時には、毎月の保険料も一緒にチェックしてみる必要があります。

 

生命保険とは? 生命保険の基本をわかりやすく解説!!まとめ
tabi_matome

生命保険の基本をわかりやすく解説しました。
なんとなくは、生命保険についてわかったのでは、ないでしょうか。

これから生命保険に加入する人も、今現在、なんとなく生命保険に加入している人も、
自分にとって、生命保険がどのような役割を果たすのか一度考えてみましょう。

sponsored link

couple_setsumei生命保険見直しを無料相談できるおすすめショップはどこ?

money_hokensyouken生命保険料控除とは?対象になる保険と基礎知識

関連記事

  1. car_character

    自動車保険は新規加入した時の相場はいくら?

    自動車を買ったらほとんどの人が加入するのが自動車保険ですよね。自動車保険に新規で初めて加入する場…

  2. images (3)

    50代の自動車保険の相場と保険料を安くする上手な選び方

    50代になれば子育ても一段落して、生活にゆとりができる人も多くいるのではないでしょうか。…

  3. images

    失敗しない!!生命保険の見直しのポイントとは?

    加入している生命保険を今の自分いぴったり合うものにするために生命保険の見直しをしようとする人もい…

  4. ダウンロード (18)

    自動車保険の等級制度って何?自動車保険料を安くする方法

    自動車保険は、加入者が安全運転をして無事故で一年過ごすと保険料が安くなる仕組みになっています。イ…

  5. ダウンロード (8)

    生命保険の取り扱い店舗を比較!!オススメの生命保険の店舗は?

    今回は、生命保険の取り扱い店舗を比較してみました。店舗数や取扱保険会社数など…

  6. 500742

    ネット生命保険会社と大手生命保険会社を比較 !!おすすめの生命保…

    生命保険は、万が一何かあった時に家族のことを考えたtら加入はしておきたいですよね…

  7. winner-1019835_1280

    生命保険の売上をランキング化してみた

    生命保険を扱っている保険会社も、毎期に売り上げ決算報告を出しています。売り上げ決算報告も、保険会…

  8. 0-88

    契約者と保険料を払っている人が違っても生命保険料控除は受けられる…

    生命保険に加入していると必ずしも契約者が保険料を支払っているとは限りませんよ…

PAGE TOP