menu
sponsored link

生命保険料控除とは?対象になる保険と基礎知識

sponsored link

生命保険料控除とは、生命保険ど加入していて保険料を支払っていると
生命保険控除という税制上での優遇制度がうけられます。

知っている人も多いかと思います。

あなたが1年間に支払った生命保険料の金額をもとに控除される金額が計算され、
所得税や住民税が一定金額が控除されるので安くなります。

平成24年に新制度に変わり保険の契約時期によって
新制度と旧制度のどちらが適用されるかが変わります。

生命保険会社から送られてくる控除証明書でどちらに当てはまるのかしっかりと確認しましょう。

生命保険料控除を受ける手続きは、会社員やパートタイマーなら
勤務先の年末調整で、自営業者なら確定申告で行います。

生命保険料控除をしっかり受けることで節約にもつながります。
今日は、生命保険料控除についておたえしていきます。

 

生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは、所得控除の一種になります。
所得税額を計算する際に生命保険料控除に当てはまる金額が所得から
差し引かれることで課税対象から外れ、結果として所得税や住民税が安くなります。

所得税や住民税の計算をする際にはその年の所得金額を確定させなければいけません。
所得控除を受けると、確定させる所得金額の数字が少なくなりますから、そのぶん税金も安くなるということになります。

国税庁のホームページ、所得控除の種類は、国税庁のホームページで確認できます。

→ 国税庁のホームページ

もしかしたら知らない控除が見つかるかもしれませんので
国税庁のホームページを確認するのもいいかもしれませんね。

 

生命保険料控除の対象は?

money-256296_1280

平成24年1月から生命保険料控除が改正され他ので生命保険料控除には新旧2つの制度があります。
生命保険料控除の対象となる保険契約の分類も新制度と旧制度とで変わってきます

旧制度は、平成23年12月31日以前に契約した生命保険が対象になります。
新制度は、平成24年1月1日以後に契約した生命保険が対象になります。

自分が加入している生命保険がどちらの制度に当てはまるか確認する方法は、
お手元にある保険証券に書いてある契約日を調べるといいでしょう。
平成23年12月31日以前なら旧制度、平成24年1月1日以後なら新制度になります。

そのほかには、生命保険会社から送られてくる控除証明書に
新契約、旧契約などと明記されているので控除証明書を確認しましょう。

 

生命保険料控除の対象となる期間は?

生命保険料控除の対象となる期間は、その年の1月1日から12月31日になります。
1年間で支払った保険料の金額の合計が控除の対象となります。

 

生命保険料控除の対象となる保険の種類は?

japanese-1184847_1280

生命保険料控除の対象となる種類は3種類にわかれます。

生命保険料控除は平成22年に改正されているため
今は、は新制度と旧制度の生命保険料控除の両方による運用がされております。

一般生命保険料

一般的な生命保険契約のことを指します。
民間の生命保険会社との生命保険契約、農業協同組合などの生命共済、などの保険になります。

介護医療保険料

介護医療保険料は、新制度によって加わったものです。
医療費に対して保険金が支払われる契約、疫病や身体の障害などに対して
保険金が支払われる簡易保険契約が対象となります。
注意したいのは、傷害保険や5年未満の契約、貯蓄系の契約は控除の対象となりません。

個人年金保険料

個人年金保険が対象となります。年金の受取人が、保険料を支払う人もしくは配偶者となっている必要があります。
その他にもいくつか条件があるため詳しく知りたい人は、は国税庁のホームページで確認することができます。

 

 

生命保険料控除を受けるためには

生命保険料控除は、対象となる生命保険に入っていれば自動的に適用されるわけではありません。
生命保険料控除を受けるには、自分で手続きをする必要があります。

生命保険料控除を受ける方法は、会社員やパートタイマーなどの場合と
自営業者では、手続きの方法が変わります。

会社員やパートタイマーなどは勤務先の年末調整で処理してもらえますが、
自営業者は確定申告をするとき一緒に申請することになります。

 

生命保険料控除とは?対象になる保険と基礎知識まとめ

tabi_matome

生命保険料控除について理解できたのではないでしょうか。
税金対策にもなるの面倒臭がらずでしっかりと申請した方がお得ですね。

sponsored link

500742生命保険とは? 生命保険の基本をわかりやすく解説!!

0-88契約者と保険料を払っている人が違っても生命保険料控除は受けられるの?

関連記事

  1. money_satsutaba2

    安い自動車保険は分割払いすることができるのか?

    自動車保険は基本的に1年契約になっていて多くの保険会社は、保険料は一括払いと分割払いができるよう…

  2. ダウンロード (19)

    自動車保険はどこの損保会社がおすすめなのか?

    自動車の損保会社って種類が多いですよね。数ある損保会社どれを選んだら良いのか悩んじゃいますよね。…

  3. ダウンロード (18)

    自動車保険の等級制度って何?自動車保険料を安くする方法

    自動車保険は、加入者が安全運転をして無事故で一年過ごすと保険料が安くなる仕組みになっています。イ…

  4. images (3)

    50代の自動車保険の相場と保険料を安くする上手な選び方

    50代になれば子育ても一段落して、生活にゆとりができる人も多くいるのではないでしょうか。…

  5. 00837010182

    イーデザイン損保の自動車保険の口コミをまとめてみた

    『東京海上グループの、イーデザイン損保』という台詞をテレビのCMでみたことある人も多いかと思いま…

  6. images

    安いのに人気のある自動車保険はどの自動車保険になるの?

    自動車の損保会社ってたくさんあってどの自動車保険を選んだら良いのかわかりませんよね。自動車保険の…

  7. ダウンロード

    1日から加入できる自動車保険を比較してみた。どんな補償内容なの?…

    自動車保険といえば、1年単位での加入が基本となっていますけど最近は1日単位での自動車保険が販売さ…

  8. ダウンロード

    あいおいニッセイ同和損保の自動車保険のいい口コミは少ない?

    あいおいニッセイ同和損保は、2010年にあいおい損害保険とニッセイ同和損害保険が合併して誕生した…

PAGE TOP