menu
sponsored link

死亡保険金を受け取ったとき、税金控除は適応させるのか?

sponsored link

死亡保険を含む保険金を受け取ったときに、税金がかかるパターンがあるのはご存知かと思います。
でも、税金でも控除があるのはご存知でしたか?今回は、死亡保険金を受け取ったときに適応される
税金控除をまとめてみました。

feb03_a16

医療保険で給付される給付金には、基本税金がかからない!

事故やケガなどで入院をしたときに受け取れる医療保険の入院給付金は、税金はかかりません。
所得税法施行令第30条第1号で、「不慮の事故や疾病などにより受けとれる給付金は非課税」と定められているからです。
後遺障害で就業が不可能になったときに適応・給付される就業不能保険の就業不能給付金も、
入院給付金同様、不慮の事故や疾病などにより受けとれる給付金と同じ意味なので、非課税対象になります。
ただし、死亡保険の保険金には税金がかかるのでここは要注意です。
理由は、不慮の事故や疾病などにより受けとれる給付金に該当しないからです。

保険をかけている保険者の状態を想像すれば、だいたいは理解できるかと思います。

quality-787663_1280

 

死亡保険を見直すときは、契約形態に気を付けよう!

死亡保険金は残された家族の生活を保障するという大切な役目があるため、
配偶者指定が圧倒的に多いとされている相続人が死亡保険金を受け取る場合、
税金の負担は小さくおさえられるように整えられています。
(多額の税金がかかってしまうと、残された家族の生活が成り立たなくなってしまっては
死亡保険の意味がなくなってしまいます。)

死亡保険の場合は契約者・被保険者・受取人がどのような関係にあるかで、
死亡保険金にかかる税額が大きく変わるので、
契約形態を見直すなどをして税金対策に勤めましょう。

保険の基本となる契約者・被保険者・受取人の説明からします。

契約者とは、生命保険会社と保険の契約を結び保険料を負担する人のことです。
被保険者とは保険の対象となっている人のことで、人の生死・ケガ・病気などに保険をかけている人のことを指します。

被保険者が加入している死亡保険だと、
被保険者が亡くなった場合に死亡保険金が支払われる仕組みになっています。

受取人とは、保険金や給付金を受け取る人のことです。

おさえておきたいポイントとしては、死亡保険の保険金を受取る時、
保険金にかかる税金が「相続税」になるように

「契約者=被保険者」「受取人は配偶者(または子)」

という形をとれるように見直しましょう。
money-452627_1280

保険金を受け取った場合の税金

では、保険金にかかる税金を相続税にするためには
どのような契約内容にすればいいのかと言う疑問が浮かぶと思います。

生命保険を契約するときに、契約者として誰が保険料を支払いをして
被保険者として誰に保険をつけ、保険金受取人として誰が保険金を受け取るかによって、
受け取る保険金に付随してくる税金が、相続税・贈与税・所得税のいずれかになるのかを見てみましょう。

1.贈与税がかかるパターン

死亡保険を契約し、支払う契約者・死亡保険をかける被保険者・保険金を受け取る受取人の全てが異なる人の場合は贈与税がかかります。
例えば、夫が契約者・子供が被保険者・妻が受取人というような場合が該当します。

2.相続税がかかるパターン

死亡保険を契約し、支払う契約者と死亡保険をかける被保険者が同じ場合人の場合は、相続税がかかります。
たとえば、父が被保険者の契約と契約者・受取人が子どもというような場合が該当します。

3.所得税がかかるパターン

死亡保険を契約し、支払う契約者と保険金を受け取る受取人が同じ人の場合は、所得税がかかります。
たとえば、夫が契約者・妻が被保険者・夫が受取人というような場合が該当します。

一般的な生命保険の契約では、
相続税の対象となるように契約しておくものです。

ただし例外があり、養老保険などの場合は、
保険料を安くするためなどの理由で契約者と被保険者を変えて契約していることがあります。

その場合は被保険者が亡くなると、所得税の対象となる場合があります。

money-256296_1280
では、具体的な税金の計算式と実際に計算した場合の金額を見ていきましょう。

所得税

死亡保険金を一時所得と同一視して課税されます。
保険金総額から今まで払い込んだ保険料を差し引き、さらに特別控除で50万円を引いたものを一時所得と同一視し、
特別控除を引いた金額に1/2を掛けた金額が課税対象となります。
基本的に、契約者と受取人が同一人物であれば、被保険者は第三者や他人であっても
下りた保険金は所得税の対象となってしまい、他の相続人には一切関係のないところで処理されるものとなります。

贈与税の場合

贈与税には基礎控除制度という制度があります。
死亡保険金から110万円を引いた金額が課税対象となります。

相続税の場合

相続税の場合は、500万円×法定相続人の数が非課税限度額となり、
死亡保険金から非課税額を引いた金額が課税対象となります。
また、相続人が配偶者の場合は、実質1億6000万円までが非課税となります。

この相続税ですが、債務控除と葬式費用も控除されます。
各々の内容を見てみると、

債務控除
非相続人に返済すべき債務があれば、遺産の総額から差し引きいて控除として除外します。
借入金元利・地代家賃の滞納分・住宅ローンの残額などが該当します。
その他に、納税義務が確定している住民税の未納分を債務として控除できます。

葬式費用
遺産相続人が負担したお通夜・告別式の費用は、遺産の総額から控除できます。

お葬式の費用が控除されるのは、遺産相続を経験したことのある方なら知っていたかもしれませんが、
住宅ローンや奨学金の残額なども控除されるということなんですね。
(借入金元利とは、ローンのことを指すようです。)

money_bag_yen

実際に具体的な数字で計算してみましょう。
今回は、2015年1月以降に相続があった場合の計算方法で計算しています。

2014年12月までに相続があった場合とでは、計算金額が変わります。
保険料負担者の契約者で、被保険者でもある夫が死亡。

 

法定相続人である妻と子供3人が生命保険金を含めた総資産:8,800万円を相続するとした場合

総資産8,800万円の内訳として、2,000万円が生命保険分とします。

生命保険を活用した非課税分として、500万×4人=2,000万円

相続税率を計算するので、8,800万-5,400万-2,000万=1,400万円となり、
相続税率は10%になります。

1,400万×10%=140万円が相続税額となります。

相続税率ですが、

1,000万円以下 10%

3,000万円以下 15%

5,000万円以下 20%

1億円以下 30%

2億円以下 40%

3億円以下 45%

6億円以下 50%

6億円超 55%

となっており、かなり細かくなっています。

l_099

ちなみに、上で具体的な数字で計算した相続税の金額ですが
生命保険を利用しなかった場合、非課税分の適応がないので

基礎控除額が 3,000万+600万×4人=5,400万円

相続税率を計算するのに、8,800万-5,400万=3,400万と算出され、相続税率20%となります。

相続税額は3,400万×20%=680万円となり

540万円もの差がついています。

生命保険を利用して相続した方が圧倒的に税金が安くなるのを
理解できたかと思います。

税金も含めて、家族の今後をまもるために残しておきたいですね。

 

 

sponsored link

bookkeeping-615384_1280年末調整で必須項目の国民年金の控除!個人年金保険料と何が違うの?

Sompo_Japan_Nipponkoa_Insurance_Logo.svg損保ジャパン日本興亜が販売している自転車保険の評判は?!

関連記事

  1. thinker-28741_640

    死亡保険金の受取人を本人にした場合、どんなことが起こるのか?

    あちこちでよく耳にする、死亡保障がついている保険「死亡保険」保険をかけている契約者が死んだときに…

  2. moe-595959_1280

    掛け捨て型と貯蓄型死亡保険のあれこれをまとめてみた

    死亡保険はたくさんありますが、死亡保険にも種類があるのはご存知でしょうか?今回は、その死亡保…

  3. money_hokensyouken

    終身保険を比較!!賢く生命保険の選ぶとはためには?

    終身保険は、加入して保険料を払い続ける限り保障が続きます。保障が続くのでとて…

  4. coins-1523383

    積立型の死亡保険を独断と偏見でピックアップしてみた

    死亡保険をかけている人はたくさんいると思いますが、積立型の死亡保険をかけている人はどれくらいいる…

PAGE TOP